SALE!

TDI カバーンダイバー取得コース

$1,000.00 $700.00

ケーブダイビングの登竜門。
TDIカバーンダイバーコースは、太陽光の届く限界内でカバーンとオーバーヘッド環境ダイビングに関する最小のスキルと知識を開発し、洞窟ダイビングに関連する特定の危険の概要を説明するコースです。 カバーンダイバーコースは、洞窟ダイビング環境を教えるためのものではありません。 このコースの目的は、カバーンダイビングの適切な計画、手順、技術、および安全なカバーンダイバーをトレーニングすることです。

*
*
商品カテゴリー:

説明

形式

カバーンダイバーライセンス取得コース

最少催行人数

1名

ガイド

日本人フルケーブインストラクター

このコースの対象者

オーバーヘッド環境ダイビングに進みたいと考えている、もしくは洞窟系のダイビング技術、能力、知識などを向上させることに興味を持っている認定ダイバー。

参加資格

  1. 18歳以上(保護者の同意がある場合は15歳以上)
  2. SDIオープンウォータースクーバダイバー、もしくは同等の資格を保有
  3. ダイブログ25回以上

催行日

繁忙期を除く毎日

所要日数

3日間~
学科4時間+陸上講習3時間+OW6時間 海洋実習2日

あなたが学ぶことで期待できるもの

TDIカバーンダイバーコースでは、以下のすべてを詳しく見ていきます。

1, カバーンダイビング方針
2. ガスマッチングの手順と、メンバーにより異なるガス消費量を考慮したマネジメント
3. 心理学的考察
4. 器材コンフィギュレーション
 a) シリンダーの選択
 b) レギュレーターの選択
 c) BCD/ハーネスの選択
 d) リールの選択
 e) 適切なウェイト調整
5. コミュニケーション
 a) ハンドシグナル
 b) ライトシグナル
 c) タッチコンタクトシグナル
6. スイミングテクニック
 a) 姿勢/ホリゾンタルトリム
 b) 浮力コントロール
 c) ラインの辿り方
 d) スイミングテクニック
7. 生理学
 a) 呼吸テクニック
 b) ストレスマネジメント
8. 洞窟環境
 a) 地質学 i) ボトム ii) 天井
 b) ローカルアクセスの要件
 c) 土地所有者との関係
9. 洞窟保全
10. トラブルシューティング
 a) 緊急時の手順
 b) 器材の故障 c) 水底物質の状況
11. 事故分析
12. ダイブテーブルと減圧理論の再確認
13. カバーンダイビングとエチケット

必要な習得スキル

1. ガイドラインの適切な配置
2. 目を開けた状態と閉じた状態(視界が失われた状況を想定)でガイドラインを適切に辿る
3. ガイドラインを辿りながら、目を開けてバディとエアーシェア
4. ガイドラインを辿りつつ、目を閉じてタッチコンタクトをおこないながら、バディとエアーシェア
5. ガイドラインに触れた状態でマスク脱着
6. ライト/ハンドシグナルとタッチコンタクトをデモンストレーション
7. カバーンの探索
8. バックアップナビゲーション手段を参照
9. 水底物質を巻き上げないスイミングテクニック
10. プライマリーライトが故障した場合を想定して、バックアップライトの使用とガイドラインを辿るシミュレーション を行う
11. デュアルバルブシステムを使用する場合:エアー/ガスバルブマネジメント
12.適切なダイブプランの立案
13.器材のチェックとマッチング
14. 適切なストレス分析(認識と管理)

あなたは何ができるようになるか
  • このコースを修了すると、以下の制限が満たされている限り、卒業生は直接監督なしにカバーンダイビング活動に参加することができます:

    1. 昼光エリア(Daylight zone) 。 (例:自然光が差し込む洞窟の入口)
    2. 内部進入は、シリンダー容量に対して、シングルシリンダーは1/3まで、ダブルシリンダーは1/6までに制限さ れる
    3. 水面より直線距離で 61m以内
    4. 最大水深40m
    5. ノンストップリミット(減圧停止不要リミット) ダイビング
    6. 2人のダイバーが並んで通ることができないような、行動が制限される狭いスペースがないこと
    7. 適切な安全停止
    8. ガイドラインの連続性を維持
    9. カバーンダイビング用の適切な器材を使用
    10. オーバーヘッド環境では生命維持装置をはずさない

TDIカバーンダイバーの最小認定要件

1. 安全かつ効果的に全ての陸上ドリルとカバーンダイビング実習をおこなう
2. ダイブプランとその実行に関し適切な判断を行える
3. 洞窟環境に対して、適切な認識と関心を持ち続けていなければならない。
4. 全てのダイビングをログ付け

料金に含まれるもの

  • 受講料

料金に含まれるものない

  • 教材
  • 登録料
  • 実習費(タンク代、施設入園料、交通費)
必要器材
  1. プライマリー・シリンダー - 計画されたダイビングと講習生のガス消費に適当なもの。講習生はダブル・シリンダーを使っても良いが、1/6エアールールに制限される。
  2. プレシャーゲージと予備空気源の付いたレギュレター。必須ではないが1つのレギは、約2m(7フィート)のホースを装着する事が推薦される。
  3. パワー・インフレーター付きBC、CO カートリッジは不可。
  4. カバーン環境に適したスーツ
  5. マスクとフィン - スノーケルは不使用
  6. ライン・カッティングデバイス
  7. 最低37m(125フィート)のガイドラインのセーフティー・リール
  8. 予定のダイビングに適した長さのプライマリー・カバーン・ダイビングリール1個
  9. 予定のダイビングに適した照射時間の電池式ライト2本
  10. コンピューター又は時計(ボトム・タイマー)と水深計
  11. スレート、又は水中ノートとペン
  12. ダイブ・テーブル、又はバックアップ・ダイブコンピューター(推薦)
  13. ライン・アロー3個
  14. ウェイト・システム

備考

ライセンス講習は事前のお支払いのみのお取り扱いとなります。

レビュー

レビューはまだありません。

TDI カバーンダイバー取得コース” の口コミを投稿します